広島市安佐北区の里山“鈴張プチ高原”における巣箱掛けからブッポウソウ営巣までの記録のはずでしたが、ついに野鳥観察日記になりました。(2013.2.14更新)
by ikuhiroh
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


<   2006年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

立ち枯れ松の木

昨日の雪は融けましたが、今日も時おり雪の一日でした。晴天になって外作業を始めようと思ったら突然の雪、その繰り返しでした。
一昨年の台風で薙ぎ倒された裏山の倒木ヒノキの片付け作業を続けていますが、このヒノキ林の中には台風にも負けないで残った立ち枯れ松の木が数本あります。以前は思ってもいませんでしたが、この松の木がブッポウソウの営巣にとって重要な役割を果たすということなので、切り倒さないで残しておこうと思っています。
f0093300_19271552.jpg

by ikuhiroh | 2006-03-30 19:30 | 巣箱地点情報

巣箱用板材等を買ってきたのですが・・・

ブッポウソウ用巣箱の設計図(飯田博士考案) http://www3.ocn.ne.jp/~kumataka/bupposoconservationmanual.htmlに習って巣箱を作ろうと板材等を買いにDIY店に行きました。ところが、店には設計図に示された幅210mmの杉板材がないため、迷った末、やむをえず、豪邸巣箱をあきらめて幅180mm(厚さ15mm)の杉板材を買ってきました。
f0093300_17414417.jpg

早速、自宅にて設計図(幅210mmを180mmに変更)に従って切りとろうとしたところ、新たな問題が発生しました。巣箱の内法で幅180mmを確保しようとすれば、当然のことながら、少なくとも背板と上蓋には幅180mm+30mm、すなわち幅210mmの板材が必要となるのです。ちなみに、川名さんから先日届いた巣箱の背板と上蓋の幅は240mmでした。
そんなことで、内法幅150mmのさらに小さな巣箱にするか、あるいは、杉檜という材質にはこだわらないで、何とか背板・上蓋用の幅210mmの板材を入手するか、さらに検討することにしました。
by ikuhiroh | 2006-03-26 17:48 | ブッポウソウ巣箱

暖かい日です

今朝、庭の小枝にヤマガラが止まっていました。つがいのシジュウカラがハデ小屋の中に入ったり出たり、遠くの電線で2羽のカワラヒワがさえずり、ウグイスのさえずりも聞こえてきました。正午頃、上空に鳶が舞っていました。
f0093300_1347253.jpg

写真は第2電柱(高さ5m)、ブッポウソウが裏山の枯れ松にやって来れば、この電柱の巣箱は容易に見つけられるでしょうね。巣箱掛け後には、付近の梅の木や雑木の小枝は刈り払っておこうと思っています。
by ikuhiroh | 2006-03-23 14:09 | 巣箱地点情報

Sr.ボスケのプロフィール

Sr.はスペイン語でセニョールと読み、英語のMr.に相当します。ボスケとはスペイン語で Bosque、すなわち、森あるいは林の意味です。敢えて漢字を当てるとすれば、自然を慕い、先祖を慕う、田舎暮らしの「慕助」でしょうか。

f0093300_22493140.jpg
生 年:1947年 
本 籍:広島県
現住所(田舎暮らし基地):“鈴張プチ高原”
家 族:妻(同居)・長男(広島市中区)・長女(同居)
血液型:O型
酒 :コップ1杯のビールで満足(宴会時の運転手要員)
煙 草:一生分の喫煙完了

人となり:ナチュラリスト・柴犬愛好家・マックパソコン愛好家・薪ストー ブ愛好家・農業実習生
趣 味:山野草写真撮影・草花観察・ネットサーフィン・野鳥観察
会 員:広島自然観察会会員・西多摩自然フォーラム(植物調査班)元会員・森林ボランティア加治丘陵「どんぐりの会」元会員
by ikuhiroh | 2006-03-22 22:57 | ブログ管理人

田んぼと電柱

第1、第2、第3の電柱はいずれも林縁にあって田んぼの縁に位置しています。
中央遠方に立ち枯れの松の木が見えます。ブッポウソウはおそらくこの松の木に止まって周りを見回し、営巣に最適な巣穴を探すことになるのでしょうか。
f0093300_209186.jpg

今日の午前中は薪割り、午後はサツマイモ畑のための裏山の開墾で汗を流した後、亡父母の墓参りに行って来ました。明日は第3電柱脇の廃田で義父とキウイフルーツ苗の植栽準備作業を予定しています。
by ikuhiroh | 2006-03-20 20:14 | 巣箱地点情報

第3候補の電柱

第3候補の電柱は基地の勝手口から北の方角に見えます。
古い栗林の向こう側、距離にして約50mのところに第3候補の電柱が見えます(写真参照)。この古い栗林には、初夏にかけてワラビが次々に生えてきます。
f0093300_15195071.jpg

by ikuhiroh | 2006-03-18 15:22 | 巣箱地点情報

巣箱掛け候補

先ほど巣箱掛け候補の電柱を確認して来ました。
“鈴張プチ高原”の義父所有地内には計4本の電柱がありましたが、その中で、巣箱掛け第1候補は田んぼ脇林縁の電柱、第2候補は上段廃田梅の木脇の電柱、第3候補は下段廃田上の電柱を考えています。4本目の電柱には2本の固定用ワイヤーが取付けてあったので候補から外しました。以下、第1、第2、第3候補の写真です。

f0093300_12151669.jpg
f0093300_12153940.jpg
f0093300_12155787.jpg

by ikuhiroh | 2006-03-17 12:17 | 巣箱地点情報

巣箱が届きました!

写真がこの日記の主役ブッポウソウ用巣箱です。宅急便で先ほど届きました。
植物調査で知り合った友人で、今年1月に「東京・ブッポウソウ委員会」を立ち上げ、東京西多摩地域を中心にブッポウソウの保護増殖活動を開始された川名国男さんから送られて来たものです。川名さん! どうもありがとうございます。
f0093300_1641414.jpg

by ikuhiroh | 2006-03-16 16:50 | ブッポウソウ巣箱

巣箱設置予定地点

ブッポウソウ用巣箱の設置を予定している地点は、広島市安佐北区安佐町大字鈴張の北西縁、標高870mの海見山の西麓、“鈴張プチ高原”に位置しています(2005.9.26撮影)。
f0093300_1110134.jpg

by ikuhiroh | 2006-03-16 11:10 | 巣箱地点情報

巣箱掛け候補の電柱

巣箱掛け候補の電柱が見えます。
f0093300_194338.jpg

写真で見える2本の電柱はいずれも義父の所有地内にあり、過去にこの地区の有線放送用として立てられたもので、今では使用されておらず、電線はすでに撤去されています(2005.9.24撮影)。
by ikuhiroh | 2006-03-15 19:45 | 巣箱地点情報