広島市安佐北区の里山“鈴張プチ高原”における巣箱掛けからブッポウソウ営巣までの記録のはずでしたが、ついに野鳥観察日記になりました。(2013.2.14更新)
by ikuhiroh
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


悲しい話

昨夕まで巣の中で元気に餌をねだって騒いでいた4羽の雛ツバメが今朝は一羽もいなくなっていました。もちろん、親ツバメも全くやって来なくなりました。
未だ巣立ちには早過ぎます。全くの想像ですが、残念ながらヘビに飲み込まれたようです。我が家の敷地内ではシマヘビを6月頃まではよく見かけ、裏山に追いやったことが何度かありました。まさか、ヘビが垂直のモルタル壁をよじ上るとは思ってもいませんでしたが、このモルタル壁はデザイン壁で微妙な凹凸があるので、もしかしたら、上れるのかも知れませんね。
いずれにしても、ツバメ親子の計6羽は我が家の玄関先からいなくなりました。巣立ちを楽しみに観察を続けていましたが、これで今年のツバメ営巣記録は意外な結末で終わりました(悲)。
[PR]
by ikuhiroh | 2007-08-11 20:49 | 付近で見られる野鳥
<< トビ ツバメのヒナは合計4羽 >>