広島市安佐北区の里山“鈴張プチ高原”における巣箱掛けからブッポウソウ営巣までの記録のはずでしたが、ついに野鳥観察日記になりました。(2013.2.14更新)
by ikuhiroh
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


♂のコゲラを追跡5分半

午後2時半、庭にいつもの♂のコゲラがやって来ました。今日4回目の飛来確認です。
ナンキンハゼの木の幹の上の方にやって来たコゲラは、枝先の方に移動してすぐに飛び立ちました。リビングの窓越しに行方を追って見ると、敷地石垣下に植栽されているオニグルミの木の下方の細枝に移動したのが判りました。そこで、隣りのキッチンの窓から観察を続けました。
コゲラはここでしばらく枝を突いた後、枝の上方に少しずつ上った末、飛び立ち、またまた庭のナンキンハゼの木に戻りました。いつもの“餌場”で肉脂をしばらく啄んでいましたが、そこから枝に移って上に昇ったかと思ったら、根元近くの幹に飛び降りて肉脂を啄みながらわずか上方に上るや、飛び去って行きました。この間5分半、♂のコゲラの赤い羽は、程度の差はあっても、ほとんど見えていました。
繁殖期の♂のコゲラは、このように度々赤い羽を見せて、どこで見ているか判らない♀のコゲラに♂の存在を誇示しているのではないでしょうか?
f0093300_23145958.jpg
f0093300_23163047.jpg
f0093300_23170741.jpg
f0093300_23251480.jpg
f0093300_23264016.jpg
f0093300_23290356.jpg
f0093300_23295770.jpg
f0093300_23305372.jpg
f0093300_23315721.jpg
f0093300_23323765.jpg



by ikuhiroh | 2015-02-02 14:30 | 付近で見られる野鳥
<< 庭に立ち寄ったハイタカ ♂のコゲラの赤い羽が見えるまで >>