広島市安佐北区の里山“鈴張プチ高原”における巣箱掛けからブッポウソウ営巣までの記録のはずでしたが、ついに野鳥観察日記になりました。(2013.2.14更新)
by ikuhiroh
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


巣箱のまわりが騒がしく

田植え間近で田んぼに水が張られ、裏山も若葉の緑が美しい初夏の雰囲気になりました。巣箱のまわりは野鳥のさえずりで騒がしくなりました。
1週間ほど前に巣箱第1号に出入りするヤマガラを確認しました。ヤマガラは何か口にくわえて入っているようで、ひょっとしたら、中にヒナがいて給餌しているのかも知れません。
ウグイスは「ホー、ホケフィ」と「ホー、ホケキョケキョ」の2系統の鳴き声があることが判りました。ほかに何種類かの聞き慣れない野鳥のさえずりも聞こえます。一瞬ブッポウソウではないかと見間違った野鳥も見られました。ブッポウソウはどうなったのでしょうか、巣箱第1号が望めるわが家の裏にベンチを置きました。暇があればそのベンチに腰を下ろして双眼鏡を覗いています。
f0093300_1404557.jpg

昨夕からわが家の玄関の軒先にツバメが巣作りを始めました。今日は2羽以上(3−4羽ということは有り得るのでしょうか、夫婦以外にいる?)のツバメが出入りして壁に泥をくっつけています。義母の話しでは「一度巣作りを始めたら、誰が通ろうと、何が何でも営巣してしまう」らしいのです。新築後10ヶ月に満たないのに、もうツバメが営巣してくれる。何となく幸せを感じます。この地にツバメたちと共に末永く暮らしたいものです。
by ikuhiroh | 2006-05-09 14:02 | 巣箱地点情報
<< ネット情報です 空き家になったよう >>