広島市安佐北区の里山“鈴張プチ高原”における巣箱掛けからブッポウソウ営巣までの記録のはずでしたが、ついに野鳥観察日記になりました。(2013.2.14更新)
by ikuhiroh
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


キマユホオジロだと思ったのですが、・・・

居間のパソコン机の前の縦窓、そこから見える庭に様々な野鳥がやって来ます。今朝はSra.ボスケ(ボスケ夫人)が見つけました。つがいでやって来て地面で何やら啄んでいます。ミヤマホオジロに似ているが冠が無い! 眉の黄色いホオジロ? 鳥630図鑑で調べて見ると、キマユホオジロという鳥に似ているようでした。この図鑑によると、キマユホオジロは「まれな旅鳥として渡来し、個体数は少ない。長崎県対馬や石川県舳倉島などの日本海側の島で記録されている。低木の林、林縁や農耕地で見られている」と、記されていました。もしかしたら、当地にいる筈の無い迷い鳥たちかも知れませんね。
鳥平さんの「三重野生生物談話会画像掲示板」http://www.jpdo.net/cgi/sp110ppxap/joyful.cgiに伺ったところ、残念ながらキマユホオジロではなくミヤマホオジロということでした。鳥平さんによると、その根拠は、♂の顎の下が黄色で、さらにその下が黒色、キマユホオジロは、この黒色が無く、また、キマユホオジロは、耳の後ろに明らかな白斑があるのに、この個体にははっきりした白斑が見られない、とのことでした。
f0093300_15231100.jpg
f0093300_1522023.jpg
f0093300_152636.jpg
f0093300_1514554.jpg

by ikuhiroh | 2013-03-02 20:55 | 付近で見られる野鳥
<< 庭木にコゲラが!!! マミチャジナイとツグミ >>