広島市安佐北区の里山“鈴張プチ高原”における巣箱掛けからブッポウソウ営巣までの記録のはずでしたが、ついに野鳥観察日記になりました。(2013.2.14更新)
by ikuhiroh
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


巣箱第1号に変化が・・・

巣箱第1号の巣穴にヒノキの樹皮のかけらが引っかかっているのを発見しました(9時16分)。このヒノキの樹皮は、昨日巣箱取り付け前、底板の四隅の孔からピートモスがこぼれ落ちないように入れた樹皮に違いありません。朝8時に見た時には変化は認められませんでした。野鳥の仕業でしょう。ヒヨドリかも知れません。ヒノキの樹皮は気に入らないようですね。いずれにしても、こんなに早く変化があるとは思っていませんでした。気が抜けませんね。
f0093300_9501613.jpg

f0093300_17423623.jpg


今(9時52分)、双眼鏡で覗いてみたら、樹皮のかけらは無くなっていました。また野鳥がやって来て樹皮を巣箱の外に落としたのか、巣箱に入れ直したのか、後で調べて見ます。これから所用で出かけてきます。

巣箱下周辺を調べて見ましたが、ヒノキ樹皮のかけらは見つけられませんでした(17時00分)。樹皮を巣箱内に入れ直したのでしょうか
by ikuhiroh | 2006-04-09 09:50 | ブッポウソウ巣箱
<< 雨の中の巣箱第1号 巣箱を取付けました >>