広島市安佐北区の里山“鈴張プチ高原”における巣箱掛けからブッポウソウ営巣までの記録のはずでしたが、ついに野鳥観察日記になりました。(2013.2.14更新)
by ikuhiroh
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


巣箱用板材等を買ってきたのですが・・・

ブッポウソウ用巣箱の設計図(飯田博士考案) http://www3.ocn.ne.jp/~kumataka/bupposoconservationmanual.htmlに習って巣箱を作ろうと板材等を買いにDIY店に行きました。ところが、店には設計図に示された幅210mmの杉板材がないため、迷った末、やむをえず、豪邸巣箱をあきらめて幅180mm(厚さ15mm)の杉板材を買ってきました。
f0093300_17414417.jpg

早速、自宅にて設計図(幅210mmを180mmに変更)に従って切りとろうとしたところ、新たな問題が発生しました。巣箱の内法で幅180mmを確保しようとすれば、当然のことながら、少なくとも背板と上蓋には幅180mm+30mm、すなわち幅210mmの板材が必要となるのです。ちなみに、川名さんから先日届いた巣箱の背板と上蓋の幅は240mmでした。
そんなことで、内法幅150mmのさらに小さな巣箱にするか、あるいは、杉檜という材質にはこだわらないで、何とか背板・上蓋用の幅210mmの板材を入手するか、さらに検討することにしました。
by ikuhiroh | 2006-03-26 17:48 | ブッポウソウ巣箱
<< 立ち枯れ松の木 暖かい日です >>