広島市安佐北区の里山“鈴張プチ高原”における巣箱掛けからブッポウソウ営巣までの記録のはずでしたが、ついに野鳥観察日記になりました。(2013.2.14更新)
by ikuhiroh
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ管理人
Sr.ボスケ
(セニョール ボスケ)



みんなのプロフィールSP
カテゴリ
全体
ブッポウソウ巣箱
巣箱地点情報
ブログ管理人
付近で見られる野鳥
ブッポウソウ飛来情報
モズ
最新のコメント
むむるるさん、今晩は ..
by ikuhiroh at 21:33
1ですよ正解は。そのまま..
by むむるる at 17:11
yuzouさん、おはよう..
by Sr.ボスケ at 08:47
こんにちは。 なんとも..
by yuzou at 12:28
Yuzouさん、コメント..
by Sr.ボスケ at 18:19
コメントと、TBを頂き、..
by yuzou at 11:58
コメント、ありがとうござ..
by Sr.ボスケ at 22:45
マイページを訪問いただき..
by オガタ at 17:21
tomo爺さんのブログ拝..
by Sr.ボスケ at 23:01
むうじんさん、毎日の巣箱..
by Sr. ボスケ at 22:57
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 10月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
巣箱掛け。(10/6*土)
from しらの風景
作ってみました. 食用瓢..
from 炎と水の物語 2006 Ap..
作ってみました. 食用瓢..
from 炎と水の物語 2006 Ap..
待っていました。ブッポウソウ
from tomo爺のバードハウス
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


巣箱掛け候補

先ほど巣箱掛け候補の電柱を確認して来ました。
“鈴張プチ高原”の義父所有地内には計4本の電柱がありましたが、その中で、巣箱掛け第1候補は田んぼ脇林縁の電柱、第2候補は上段廃田梅の木脇の電柱、第3候補は下段廃田上の電柱を考えています。4本目の電柱には2本の固定用ワイヤーが取付けてあったので候補から外しました。以下、第1、第2、第3候補の写真です。

f0093300_12151669.jpg
f0093300_12153940.jpg
f0093300_12155787.jpg

[PR]
by ikuhiroh | 2006-03-17 12:17 | 巣箱地点情報 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://bosque.exblog.jp/tb/1284839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 川名 国男 at 2006-03-17 20:16 x
 電柱は、ブッポウソウの巣箱掛けにきわめて適しています。
 ブッポウソウの天敵は、アオダイショウ、テン、イタチ、ネコ、カラスなどです。電柱に掛けられた巣箱には、これらの天敵が容易に近づくことが出来ません。
 ただし、電柱の周りに物陰があり草が生い茂ること、樹木が覆いかぶさるようなところは嫌います。明るく開けた広々とした環境を好みます。 人間が近くにいても、いたずらをしない限りブッポウソウの繁殖には影響がありません。
 ここの環境は、後背地に林があり、周囲に水田と湿地があるので,餌となる甲虫類、トンボ類、水生昆虫など昆虫類が多いので、ブッポウソウが繁殖するには理想的な環境です。
 さて、3箇所のうち、これらの条件に一番近いのはどれでしょうか。
 
Commented by むうじん at 2006-03-17 20:17 x
ブログ開設おめでとうございます。
早くブッポウソウの営巣が見てみたいです。
Commented by Sr.ボスケこと 林 育浩 at 2006-03-17 21:08 x
川名さん、お世話になります。
第3(下段写真)は上段棚田(廃田)が近いので天敵が近づきそうですね。第1(上段写真)と第2(中段写真)はいずれも樹木が多い茂る可能性があるので、まわりを可能な限り刈り払うつもりです。
今のところ、お送りいただいた巣箱は第1候電柱に掛けようかと考えています。その後、当方で巣箱を作って第2、第3の電柱にも掛けるつもりです。
ところで、お送りいただいた巣箱は、先にご紹介いただいた飯田博士考案のものより若干サイズが大きいように思いますが、何かお考えがあってのことでしょうか?

むうじんさん
ありがとうございます。ブッポウソウの営巣、大いに期待して下さい。ブッポウソウ営巣まで、巣箱周辺の動植物、自然環境、四季の変化をご紹介したいと考えています。暇な時には覗いてみて下さい。
Commented by 川名 国男 at 2006-03-17 22:10 x
 巣箱の大きさは、設計図と変わりません。違うところは、板の厚みが15㎜あります。設計図は13㎜です。材料は、赤身の杉材を使用しています。赤身は腐りにくい材質です。耐用年限は15年を考えています。巣箱の大きさは、これよりも大きくても小さくても長くてもほとんど問題ありません。大切なことは巣穴の大きさです。これはかなり厳格に7.5㎜から8㎜でなくてはなりません。
 巣穴の大きさにより、利用する鳥の種類が決まりますが、このブッポウソウ用の巣箱には、ムクドリ、シジュウカラ、ヤマガラ、キツツキ類、アオバズク、コノハズクなど他の鳥が利用することも考えられます。また、鳥ではありませんがムササビもよく利用します。
 底板が二重になってくり貫かれていますが、これは巣箱の中で卵が転がらないためのもので、私のアイデアです。
 あと、背板が少し短くなっていますが、これは宅急便で送付するときに箱に収めるために短くしました。巣箱の機能には全く影響ありません。ブッポウソウは、樹洞で営巣しますが天然の樹洞の形大きさや形はさまざまです。鉄橋の隙間に営巣するブッポウソウもいます。
Commented by 川名 国男 at 2006-03-17 22:19 x
 巣箱を掛ける電柱は、第3候補が良いと思います。第1候補も良いと思いますが迷うところです。一番良いのは、ブッポウソウに選んでもらうことです。ブッポウソウの巣箱に限ってい言えることは、よく目立つところが利用率が高くなります。
Commented by Sr.ボスケこと 林 育浩 at 2006-03-17 22:56 x
巣箱の大きさの件、了解しました。近いうちに巣箱2個作り、3候補全てに巣箱を掛けることにしましょう。ブッポウソウがどの巣箱を選ぶか、興味津々ですね。
第3候補の廃田には義父がキウイフルーツ棚を作る計画がありますが、電柱のごく近くでなければ問題ないですよね??
<< 第3候補の電柱 巣箱が届きました! >>