広島市安佐北区の里山“鈴張プチ高原”における巣箱掛けからブッポウソウ営巣までの記録のはずでしたが、ついに野鳥観察日記になりました。(2013.2.14更新)
by ikuhiroh
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ管理人
Sr.ボスケ
(セニョール ボスケ)



みんなのプロフィールSP
カテゴリ
全体
ブッポウソウ巣箱
巣箱地点情報
ブログ管理人
付近で見られる野鳥
ブッポウソウ飛来情報
モズ
最新のコメント
むむるるさん、今晩は ..
by ikuhiroh at 21:33
1ですよ正解は。そのまま..
by むむるる at 17:11
yuzouさん、おはよう..
by Sr.ボスケ at 08:47
こんにちは。 なんとも..
by yuzou at 12:28
Yuzouさん、コメント..
by Sr.ボスケ at 18:19
コメントと、TBを頂き、..
by yuzou at 11:58
コメント、ありがとうござ..
by Sr.ボスケ at 22:45
マイページを訪問いただき..
by オガタ at 17:21
tomo爺さんのブログ拝..
by Sr.ボスケ at 23:01
むうじんさん、毎日の巣箱..
by Sr. ボスケ at 22:57
以前の記事
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 10月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
巣箱掛け。(10/6*土)
from しらの風景
作ってみました. 食用瓢..
from 炎と水の物語 2006 Ap..
作ってみました. 食用瓢..
from 炎と水の物語 2006 Ap..
待っていました。ブッポウソウ
from tomo爺のバードハウス
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ツバメの親子

我が家の玄関軒先に営巣している親子3羽のツバメの家族、我が家に繋がる電線に止まっているのを見つけました(2007.6.29 7:23撮影)。左上に母親ツバメ、中央に父親ツバメ、右側に子ツバメ、母親ツバメは時おり餌を捕って来て子ツバメに与えていました。
f0093300_23134347.jpg

[PR]
by ikuhiroh | 2007-06-29 23:14 | 付近で見られる野鳥 | Trackback | Comments(0)

いつの間にか

玄関軒先のツバメのヒナのことです。午前10時半頃、来客があって応対していた30分の間に巣立ってしまったようです。11時過ぎには玄関先は静かで、巣を見上げたらヒナはいませんでした。時おり、親ツバメたちが戻って来ていましたが、子ツバメは何処に?
女房のよると、今夕、自宅に繋がる電線に親子3羽が仲良く並び、時に母親ツバメが子ツバメに給餌していたそうです。先ほど玄関軒先を見て来ましたが、ツバメは戻って来ていませんでした。
そんなことで今日は写真がありませんが、電線に止まった親子3羽のツバメを何とか明日見つけて撮りたいと思っています。乞うご期待!
[PR]
by ikuhiroh | 2007-06-28 23:34 | 付近で見られる野鳥 | Trackback | Comments(0)

今日も巣立ち出来ず

玄関軒先のツバメ、今朝も7時頃から巣立ちの訓練が始まりました。夕方7時頃まで約12時間、両親ツバメの懸命な訓練にも関わらず、残念ながら今日もヒナは巣立ち出来ませんでした。確かに勇気の必要な難しい訓練ですよね。不幸にして亡くなった5羽の兄弟姉妹の分まで頑張って欲しいものです。
f0093300_21242718.jpg

[PR]
by ikuhiroh | 2007-06-27 21:25 | 付近で見られる野鳥 | Trackback | Comments(0)

巣立ち間近

玄関軒先に営巣しているツバメのことです。誕生して19日目、たった一羽になってしまったヒナですが、今日午後5時を過ぎて、親ツバメによるヒナの巣立ち訓練が始まりました。
30分余り眺めていました。
母親ツバメはヒナに餌を与えること無く巣の前でホバリングを続け、父親ツバメが巣の中に潜り込み、背後からヒナを押し出そうとすることもありました。玄関ドアを開放しているので、時には親ツバメが玄関内を飛び回り、ヒナに飛び方を教えているように見えることもありました。こんな両親の努力にも関わらず、ヒナは泣き叫ぶだけで、飛び立てないで夕暮れを迎えました。もしかしたら明朝には巣立っているかも知れません。
f0093300_23533126.jpg

[PR]
by ikuhiroh | 2007-06-26 23:57 | 付近で見られる野鳥 | Trackback | Comments(0)

大きくなりましたよ!

またツバメの話です。
玄関の軒先で6羽のヒナから厳選されて残ったたった一羽のヒナは、両親の愛情を一身に受けて元気に育っています。早く大きくなって南の国へ元気に旅立って欲しいものです。写真は親ツバメが未だ戻って来ていないにもかかわらず餌をしきりに催促するヒナです(2007.6.21 6:41撮影)。
f0093300_1819834.jpg

[PR]
by ikuhiroh | 2007-06-21 18:19 | 付近で見られる野鳥 | Trackback | Comments(0)

コゲラでしょうか?

舗装林道沿いの民家の松の枝を突いていたコゲラを見つけました。とっさにシャッターを切ったら、向いのケヤキに移って幹を突きながら上り始めました。もう一度シャッターを切ったところで逃げてしまいました。残念ながらカメラに付けていたのは望遠レンズではなくマクロレンズであったため、写真ではほとんどシルエット程度しか認識できませんが、小柄で横縞があり枝に横向きに止まっていたのでコゲラと判断しました。いかがでしょうか?
f0093300_092532.jpg

f0093300_010616.jpg

写真はありませんが、先日、我が家の庭でアオゲラを見つけています。これで、アカゲラ、アオゲラ、コゲラの3ゲラを見たことになります。
[PR]
by ikuhiroh | 2007-06-16 00:15 | 付近で見られる野鳥 | Trackback | Comments(0)

無事に巣立って欲しい

今日もツバメのことです。
今朝、最後の一羽と思われたヒナが玄関前の芝生の上に落ちていました。玄関口の巣にも止まり木にも親ツバメの姿は見えず、ヒナの鳴き声も聞こえなかったので、残念ながら今年の“ツバメ営巣日記”は終わったものと思っていました。
約1時間後、再び巣を眺めていたら、母親ツバメが戻って来たではありませんか。さらに巣の中からヒナの元気な鳴き声も聞こえ、母親ツバメから給餌されるヒナの大きな口を確認しました。
添付写真は昼過ぎに撮った母親ツバメとヒナのツーショットです。今年生まれた6羽のヒナのうち最後に残ったのはたったの1羽です。何とか無事に巣立って欲しいものです。
f0093300_14504775.jpg

[PR]
by ikuhiroh | 2007-06-14 14:52 | 付近で見られる野鳥 | Trackback | Comments(0)

また2羽落下

引き続き玄関口のツバメのことです。
今朝6時、玄関前の芝生に2羽のヒナが落ちているのを見つけました。傷は全く無かったのですが、すでに死に絶えていました。ところが、つがいの親ツバメは相変わらず玄関口に出入りして、母親ツバメは巣の中に、父親ツバメは巣の近くの止まり木に止まる動作を繰り返しているので、巣の中には未だヒナがいることが判りました。
午前10時過ぎ、やっと親ツバメの全貌を写真に収めることが出来ました。ただし肝心のヒナは未だ撮れていません。

最初に母親ツバメ
f0093300_1923536.jpg

次に父親ツバメ
f0093300_19455911.jpg
この父ツバメは腹側が褐色がかっているので他のツバメの雄とは簡単に見分けがつきます。
[PR]
by ikuhiroh | 2007-06-13 19:21 | 付近で見られる野鳥 | Trackback | Comments(0)

ツバメのヒナが2羽

午後5時頃、巣の下にツバメのヒナが2羽落ちているのを発見しました。巣には依然として親鳥が出入りしているので、巣の中には未だ何羽かヒナがいるようです。午後5時半頃、つがいのツバメ以外に別のツバメも玄関前で一緒に飛び回っているのを確認しました。何らかの原因で死んだ2羽のヒナを親鳥が片付けるつもりで落したのだろうと勝手に解釈していましたが、午後6時半、落ちたツバメのヒナを処分しようと箸で触ったら、何と2羽とも動いたのです。
なぜ2羽のヒナが落ちていたのでしょうか? 考えられる原因は次の3点だろうと思います。
1.2羽のヒナが誤って落ちた。
2.全てのヒナ(4-5羽?)は養いきれないので、その中の2羽を親鳥が泣く泣く間引いた。
3.つがいのツバメ以外の別のツバメが巣を横取りするためにヒナを落した。
ツバメの生態に詳しい方のコメントをお待ちしています。
[PR]
by ikuhiroh | 2007-06-11 20:02 | 付近で見られる野鳥 | Trackback | Comments(2)

スズメの子まで

我が家の倉庫兼ガレージで巻き上げられたままになっているシャッターからスズメのヒナの鳴き声が聞こえるようになりました。これでキセキレイとツバメに続いて、スズメの子まで我が家で生まれたことになります。
肝心のブッポウソウはどうなったのでしょうかねー
f0093300_8184383.jpg

[PR]
by ikuhiroh | 2007-06-10 08:19 | 付近で見られる野鳥 | Trackback | Comments(0)