広島市安佐北区の里山“鈴張プチ高原”における巣箱掛けからブッポウソウ営巣までの記録のはずでしたが、ついに野鳥観察日記になりました。(2013.2.14更新)
by ikuhiroh
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ管理人
Sr.ボスケ
(セニョール ボスケ)



みんなのプロフィールSP
カテゴリ
全体
ブッポウソウ巣箱
巣箱地点情報
ブログ管理人
付近で見られる野鳥
ブッポウソウ飛来情報
モズ
最新のコメント
むむるるさん、今晩は ..
by ikuhiroh at 21:33
1ですよ正解は。そのまま..
by むむるる at 17:11
yuzouさん、おはよう..
by Sr.ボスケ at 08:47
こんにちは。 なんとも..
by yuzou at 12:28
Yuzouさん、コメント..
by Sr.ボスケ at 18:19
コメントと、TBを頂き、..
by yuzou at 11:58
コメント、ありがとうござ..
by Sr.ボスケ at 22:45
マイページを訪問いただき..
by オガタ at 17:21
tomo爺さんのブログ拝..
by Sr.ボスケ at 23:01
むうじんさん、毎日の巣箱..
by Sr. ボスケ at 22:57
以前の記事
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 10月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
巣箱掛け。(10/6*土)
from しらの風景
作ってみました. 食用瓢..
from 炎と水の物語 2006 Ap..
作ってみました. 食用瓢..
from 炎と水の物語 2006 Ap..
待っていました。ブッポウソウ
from tomo爺のバードハウス
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

空き家になったよう

4月16日に巣箱第2号へのヤマガラの出入りを確認したのを最後に、巣箱第1号、第2号いずれにも、ヤマガラも他の野鳥も全く出入りがないようです。ヤマガラは残念ながら営巣しなかったようです。このことが、近いうち飛来して来ると期待されるブッポウソウの営巣にとって、良いことなのか悪いことなのか、私には判断できませんが、とりあえず淋しいことは確かです。
f0093300_20142944.jpg

話しは変わりますが、女房の実家に毎年営巣していたツバメが、どういう訳か今年は未だに巣作りを始めません。今日昼過ぎ、つがいのツバメがわが家の電線に止まっているのを女房が見たそうです。ひょっとしたら、営巣場所を、女房の実家にしようか、わが家にしようか、決めかねているのではないでしょうか? 
ブッポウソウもこんな身近な鳥になってくれると良いですね。
[PR]
by ikuhiroh | 2006-04-25 20:15 | ブッポウソウ巣箱 | Trackback | Comments(0)

今朝もヤマガラが・・・

昨日は雨の一日で、巣箱まわりは静かで野鳥の出入りはなかったように見えましたが、本当はどうだったのでしょうか
今朝7時半頃の見回りでは、巣箱第1号での野鳥の出入りは確認できませんでしたが、第2号でヤマガラの出入りを確認しました。
f0093300_12352354.jpg

今度は一眼デジカメ(Olympus E-1)に最大90mm相当のズームレンズを取付けて狙いました。シャッタータイムラグはほとんどなかったのですが、・・・
[PR]
by ikuhiroh | 2006-04-16 12:36 | 付近で見られる野鳥 | Trackback | Comments(0)

ヤマガラを捉えました

朝7時過ぎ、巣箱第2号に入るヤマガラをやっと捉えました。残念ながら、ISO感度を上げた画質の悪い画像ですが、とにかく証拠写真は確保しました。
f0093300_730765.jpg
野鳥が手作りの巣箱に警戒することなく出入りしていることまで判りました。
これからの観察課題を時系列で挙げてみました。

   ①ヤマガラは営巣するか
   ②ブッポウソウはやって来るか
   ③ブッポウソウはこの巣箱を見つけることが出来るか
   ④ブッポウソウはヤマガラを追い出すことが出来るか
   ⑤ブッポウソウはこの巣箱に営巣するか
   ⑥ブッポウソウはこの巣箱でヒナを育てることが出来るか

毎日が楽しみですね。
[PR]
by ikuhiroh | 2006-04-14 07:34 | ブッポウソウ巣箱 | Trackback | Comments(0)

巣箱にヤマガラが出入り

今朝は7時前から、巣箱第1号にも第2号にも、ヤマガラがたびたび出入りしていました。今度こそはその証拠を捉えようと、テレコンバーターを付けて300mm相当の望遠となるデジカメ(Olympus E-100RS)を戸外に持ち出し、自宅裏でヤマガラが出入りするたびにカメラを構えましたが、ピント合わせも出来ないうちに飛び去り、出入りの瞬間を捉えることが出来ませんでした。
それで、今度はリモートコントローラーを付けたデジカメを三脚に載せ、巣箱にやって来るヤマガラを狙ったのですが、旧式デジカメの悲しい性、シャッタータイムラグが長いため、結局、シャッターチャンスを逃してしまって、残念ながら、ヤマガラを視野に収めることが出来ませんでした。
f0093300_17581221.jpg
そんな訳で唯一撮れたのが添付の画像です。お判りですか? 巣穴の中で白く光っている点がヤマガラの一部だろうと思います。
明日は、最大90mm相当のズームレンズを付けた一眼デジカメ(Olympus E-1、シャッタータイムラグが短い)を持ち出し、もっと巣箱に近づいて撮影しようと思っています。
[PR]
by ikuhiroh | 2006-04-13 18:01 | 付近で見られる野鳥 | Trackback | Comments(0)

シジュウカラとヤマガラ

午前7:00から8:00の間に、シジュウカラやヤマガラが相次いで巣箱に出入りしているのを確認しました。シジュウカラとヤマガラが陣取り合戦を始めているのではないでしょうか? 
残念ながら証拠写真がありません。明日同時刻に待機して写真撮影にトライしてみます。

※4月9日の記事「巣箱第1号の巣穴にヒノキの樹皮のかけらが引っかかっている・・・・・・ヒヨドリかも知れません」というのは間違いのようですね。その後調べた結果、ヒヨドリは樹木の混み入った枝の中に営巣するということで、巣穴には営巣しないようですね。

添付写真は巣箱第2号です。満開なのは桜ではなく梅ですが、きれいでしょう?  でも、近いうち、電柱付近の梅の枝や灌木を刈り払って、ブッポウソウに不安を与えないようにするつもりです。
f0093300_22271457.jpg

[PR]
by ikuhiroh | 2006-04-12 18:36 | 付近で見られる野鳥 | Trackback | Comments(0)

今日も雨でした

今日も雨で巣箱第1、2号に野鳥が出入りした様子は確認できませんでした。

f0093300_22313740.jpg
巣箱付近の梅は満開、桜は5−6分咲き、雨が止んだ夕方、聞き慣れない野鳥のさえずりが聞こえてきました。野鳥図鑑付録の“さえずりCD”で調べた結果では、「センダイムシクイ」かあるいは「イカル」ではないかと思われましたが、当地にいても不思議ではない野鳥でしょうか?
[PR]
by ikuhiroh | 2006-04-11 22:33 | 巣箱地点情報 | Trackback | Comments(0)

雨の中の巣箱第1号

今日は結局晴れ間は見られず一日中雨で、“鈴張プチ高原”は雲の中にあるようでした。
f0093300_23145318.jpg

そのためか巣箱第1号への野鳥の出入りは見られませんでした。写真は小降りになった午後2時過ぎに撮った巣箱第1号です。
[PR]
by ikuhiroh | 2006-04-10 23:18 | ブッポウソウ巣箱 | Trackback | Comments(0)

巣箱第1号に変化が・・・

巣箱第1号の巣穴にヒノキの樹皮のかけらが引っかかっているのを発見しました(9時16分)。このヒノキの樹皮は、昨日巣箱取り付け前、底板の四隅の孔からピートモスがこぼれ落ちないように入れた樹皮に違いありません。朝8時に見た時には変化は認められませんでした。野鳥の仕業でしょう。ヒヨドリかも知れません。ヒノキの樹皮は気に入らないようですね。いずれにしても、こんなに早く変化があるとは思っていませんでした。気が抜けませんね。
f0093300_9501613.jpg

f0093300_17423623.jpg


今(9時52分)、双眼鏡で覗いてみたら、樹皮のかけらは無くなっていました。また野鳥がやって来て樹皮を巣箱の外に落としたのか、巣箱に入れ直したのか、後で調べて見ます。これから所用で出かけてきます。

巣箱下周辺を調べて見ましたが、ヒノキ樹皮のかけらは見つけられませんでした(17時00分)。樹皮を巣箱内に入れ直したのでしょうか
[PR]
by ikuhiroh | 2006-04-09 09:50 | ブッポウソウ巣箱 | Trackback | Comments(0)

巣箱を取付けました

実兄の予定が変更になったため、巣箱第3号は後日組み立てて第1電柱に取付けることにして、巣箱第1号を第3電柱に、巣箱第2号を第2電柱に取付け、午前中に巣箱掛けを終えました。
巣穴の向きについては、基地(自宅)から巣穴が見える南向きを当初考えていましたが、当地の強風は南風であることが多いため、結局、西向き(田んぼが見える方向)にしました。
これから、ブッポウソウ営巣に期待しながら、観察を続けたいと思います。
f0093300_1295384.jpg

[PR]
by ikuhiroh | 2006-04-08 12:10 | ブッポウソウ巣箱 | Trackback(1) | Comments(4)

巣箱第2号が完成

友人の川名さんから送られてきたブッポウソウ用巣箱第1号につづき、巣箱第2号がやっと完成しました。実は昨日ツバメがやって来て巣作りを始めたので慌てました。「巣箱を少しでも早く設置しておかないと、たとえブッポウソウがこの地“鈴張プチ高原”にやって来ても、通過して行ってしまうに違いない」、そう思って今日午後急いで作ってしまいました。
多少の問題はありましたが、何とか形はできました。上蓋(屋根部)と背板の接合部分にできてしまった隙間は、ヒノキの皮で屋根を葺くようにカバーしようと思っています。いかがでしょうかね。写真左側の小ぶりな巣箱が第2号です。飯田博士のマニュアルに従って、園芸用のピートモスを巣箱の中に入れておくつもりです。
f0093300_1834173.jpg

明日午前中、第3号を作り、午後、実兄がやって来たら一緒に巣箱掛けをやろうと思っています。
[PR]
by ikuhiroh | 2006-04-07 18:38 | ブッポウソウ巣箱 | Trackback | Comments(2)