広島市安佐北区の里山“鈴張プチ高原”における巣箱掛けからブッポウソウ営巣までの記録のはずでしたが、ついに野鳥観察日記になりました。(2013.2.14更新)
by ikuhiroh
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
ブログ管理人
Sr.ボスケ
(セニョール ボスケ)



みんなのプロフィールSP
カテゴリ
全体
ブッポウソウ巣箱
巣箱地点情報
ブログ管理人
付近で見られる野鳥
ブッポウソウ飛来情報
モズ
最新のコメント
むむるるさん、今晩は ..
by ikuhiroh at 21:33
1ですよ正解は。そのまま..
by むむるる at 17:11
yuzouさん、おはよう..
by Sr.ボスケ at 08:47
こんにちは。 なんとも..
by yuzou at 12:28
Yuzouさん、コメント..
by Sr.ボスケ at 18:19
コメントと、TBを頂き、..
by yuzou at 11:58
コメント、ありがとうござ..
by Sr.ボスケ at 22:45
マイページを訪問いただき..
by オガタ at 17:21
tomo爺さんのブログ拝..
by Sr.ボスケ at 23:01
むうじんさん、毎日の巣箱..
by Sr. ボスケ at 22:57
以前の記事
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 10月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
巣箱掛け。(10/6*土)
from しらの風景
作ってみました. 食用瓢..
from 炎と水の物語 2006 Ap..
作ってみました. 食用瓢..
from 炎と水の物語 2006 Ap..
待っていました。ブッポウソウ
from tomo爺のバードハウス
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:巣箱地点情報( 10 )

梅が満開です

昨日の暖かい南風に伴う風雨によってブッポウソウ用巣箱第1号そばの梅が満開に近づいてきました。2月3日にシジュウカラが巣箱から頭を出していたのを見て、シジュウカラが営巣を始めたのではないかと思ったのですが、そうではないようです。未だ空き家のままです。ブッポウソウの飛来するのを待っています。
f0093300_1053778.jpg

[PR]
by ikuhiroh | 2007-03-05 10:08 | 巣箱地点情報 | Trackback | Comments(0)

巣箱のまわりが騒がしく

田植え間近で田んぼに水が張られ、裏山も若葉の緑が美しい初夏の雰囲気になりました。巣箱のまわりは野鳥のさえずりで騒がしくなりました。
1週間ほど前に巣箱第1号に出入りするヤマガラを確認しました。ヤマガラは何か口にくわえて入っているようで、ひょっとしたら、中にヒナがいて給餌しているのかも知れません。
ウグイスは「ホー、ホケフィ」と「ホー、ホケキョケキョ」の2系統の鳴き声があることが判りました。ほかに何種類かの聞き慣れない野鳥のさえずりも聞こえます。一瞬ブッポウソウではないかと見間違った野鳥も見られました。ブッポウソウはどうなったのでしょうか、巣箱第1号が望めるわが家の裏にベンチを置きました。暇があればそのベンチに腰を下ろして双眼鏡を覗いています。
f0093300_1404557.jpg

昨夕からわが家の玄関の軒先にツバメが巣作りを始めました。今日は2羽以上(3−4羽ということは有り得るのでしょうか、夫婦以外にいる?)のツバメが出入りして壁に泥をくっつけています。義母の話しでは「一度巣作りを始めたら、誰が通ろうと、何が何でも営巣してしまう」らしいのです。新築後10ヶ月に満たないのに、もうツバメが営巣してくれる。何となく幸せを感じます。この地にツバメたちと共に末永く暮らしたいものです。
[PR]
by ikuhiroh | 2006-05-09 14:02 | 巣箱地点情報 | Trackback | Comments(0)

今日も雨でした

今日も雨で巣箱第1、2号に野鳥が出入りした様子は確認できませんでした。

f0093300_22313740.jpg
巣箱付近の梅は満開、桜は5−6分咲き、雨が止んだ夕方、聞き慣れない野鳥のさえずりが聞こえてきました。野鳥図鑑付録の“さえずりCD”で調べた結果では、「センダイムシクイ」かあるいは「イカル」ではないかと思われましたが、当地にいても不思議ではない野鳥でしょうか?
[PR]
by ikuhiroh | 2006-04-11 22:33 | 巣箱地点情報 | Trackback | Comments(0)

立ち枯れ松の木

昨日の雪は融けましたが、今日も時おり雪の一日でした。晴天になって外作業を始めようと思ったら突然の雪、その繰り返しでした。
一昨年の台風で薙ぎ倒された裏山の倒木ヒノキの片付け作業を続けていますが、このヒノキ林の中には台風にも負けないで残った立ち枯れ松の木が数本あります。以前は思ってもいませんでしたが、この松の木がブッポウソウの営巣にとって重要な役割を果たすということなので、切り倒さないで残しておこうと思っています。
f0093300_19271552.jpg

[PR]
by ikuhiroh | 2006-03-30 19:30 | 巣箱地点情報 | Trackback | Comments(2)

暖かい日です

今朝、庭の小枝にヤマガラが止まっていました。つがいのシジュウカラがハデ小屋の中に入ったり出たり、遠くの電線で2羽のカワラヒワがさえずり、ウグイスのさえずりも聞こえてきました。正午頃、上空に鳶が舞っていました。
f0093300_1347253.jpg

写真は第2電柱(高さ5m)、ブッポウソウが裏山の枯れ松にやって来れば、この電柱の巣箱は容易に見つけられるでしょうね。巣箱掛け後には、付近の梅の木や雑木の小枝は刈り払っておこうと思っています。
[PR]
by ikuhiroh | 2006-03-23 14:09 | 巣箱地点情報 | Trackback | Comments(0)

田んぼと電柱

第1、第2、第3の電柱はいずれも林縁にあって田んぼの縁に位置しています。
中央遠方に立ち枯れの松の木が見えます。ブッポウソウはおそらくこの松の木に止まって周りを見回し、営巣に最適な巣穴を探すことになるのでしょうか。
f0093300_209186.jpg

今日の午前中は薪割り、午後はサツマイモ畑のための裏山の開墾で汗を流した後、亡父母の墓参りに行って来ました。明日は第3電柱脇の廃田で義父とキウイフルーツ苗の植栽準備作業を予定しています。
[PR]
by ikuhiroh | 2006-03-20 20:14 | 巣箱地点情報 | Trackback | Comments(0)

第3候補の電柱

第3候補の電柱は基地の勝手口から北の方角に見えます。
古い栗林の向こう側、距離にして約50mのところに第3候補の電柱が見えます(写真参照)。この古い栗林には、初夏にかけてワラビが次々に生えてきます。
f0093300_15195071.jpg

[PR]
by ikuhiroh | 2006-03-18 15:22 | 巣箱地点情報 | Trackback | Comments(0)

巣箱掛け候補

先ほど巣箱掛け候補の電柱を確認して来ました。
“鈴張プチ高原”の義父所有地内には計4本の電柱がありましたが、その中で、巣箱掛け第1候補は田んぼ脇林縁の電柱、第2候補は上段廃田梅の木脇の電柱、第3候補は下段廃田上の電柱を考えています。4本目の電柱には2本の固定用ワイヤーが取付けてあったので候補から外しました。以下、第1、第2、第3候補の写真です。

f0093300_12151669.jpg
f0093300_12153940.jpg
f0093300_12155787.jpg

[PR]
by ikuhiroh | 2006-03-17 12:17 | 巣箱地点情報 | Trackback | Comments(6)

巣箱設置予定地点

ブッポウソウ用巣箱の設置を予定している地点は、広島市安佐北区安佐町大字鈴張の北西縁、標高870mの海見山の西麓、“鈴張プチ高原”に位置しています(2005.9.26撮影)。
f0093300_1110134.jpg

[PR]
by ikuhiroh | 2006-03-16 11:10 | 巣箱地点情報 | Trackback | Comments(1)

巣箱掛け候補の電柱

巣箱掛け候補の電柱が見えます。
f0093300_194338.jpg

写真で見える2本の電柱はいずれも義父の所有地内にあり、過去にこの地区の有線放送用として立てられたもので、今では使用されておらず、電線はすでに撤去されています(2005.9.24撮影)。
[PR]
by ikuhiroh | 2006-03-15 19:45 | 巣箱地点情報 | Trackback | Comments(3)